2014年1月アーカイブ

矯正歯科とは?

矯正歯科は、悪い歯ならびや噛み合わせをきちんと噛み合うようにしてきれいな歯ならびにする歯科治療です。
しかし、きれいな歯ならびにするために、歯を削って「差し歯」にすることは、基本的にはありません。
矯正装置を通じて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かして、歯ならびと噛み合わせを治していきます。
歯がふぞろいだったり、上下の アゴの歯ならびがお互いにちゃんと噛み合わない状態を、専門的には「不正咬合」といいます。

この「不正咬合」をそのままにしておくと、
■食べ物がよく噛めない
■ことばが明瞭でなくなる
■むし歯になりやすい
■歯槽膿漏になりやすい
■口臭の原因になる
■アゴの関節に負担をかける

病気の原因にしないためにも矯正歯科で不正咬合の治療を行いましょう。

歯垢を、歯磨きで取り除きます

歯周病や虫歯の原因となる歯垢(プラーク)は、生きた細菌の塊です。
歯とほぼ同じ乳白色で水に溶けにくく、歯の表面に粘着しているため、うがいをするだけでは取り除くことはできません。
しっかり歯磨きをして、この歯垢(プラーク)を取り除くことが大切です。